2006年11月30日

お祝い♪

今日は合格したMちゃんの授業の日。

授業の前にケーキとプレゼントでお祝い♪

こういうとき、個人でよかったな〜って思う(#^.^#)


もうすぐ期末テストだから、

気を抜いてられないけど、

でも、ちょっと前の表情とは全然違う。

ちょっと余裕が出来た感じ。

きっと、安心したんだろうな〜。。

これで、逆に期末テストの勉強にも集中できるはず!





は〜本当に良かった☆

残りの受験生たちも頑張らなくちゃ!!!




posted by ひかり at 22:15| 埼玉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気になる。。

今日のテストはどうだったんだろう。。

明日のテストは大丈夫だろうか。。



気になる・・・

気になる・・・

気になる・・・


posted by ひかり at 01:40| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

おめでとう!!

今日は、高校生Mの合格発表だった。

一足早い推薦入試の結果が今日だったのだ。

結果・・・


見事!合格!!!;(´∀`人)

Mちゃん、おめでとうexclamation×2



そして、ついに明日が期末テストの中学生Mちゃん。

今までの中では一番頑張った。

最後の数日、めきめき伸びた感触があった。


さー

明日、落ち着いて頑張ってほしい。。
posted by ひかり at 20:15| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

整理してあげること

勉強が苦手な子は

どうしても自分で勉強の手順や整理が出来ないから

こっちが導いてあげることが必要不可欠となる。


宿題を与えるにしても、

問題を解かせるにしても、

今何のためにこれをして、

次にこれをするために必要なんだと

根底から理解させたうえで教えることが大事である。


じゃないと、

結局、今自分が何を勉強しているのかがわからず、

そのときは問題が解けても

後になって類似問題を解かせたところで

「こんなのやったっけ??」

ってな具合になってしまうのだ。



頭の中をきちんと整理してあげることも

私の大きな役目である。
posted by ひかり at 20:22| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

本番の大切さ

発表会が近くなってくるにつれて

練習を頑張ってくる子どもたち。


ちょっとずと良くなってる。


ついこの間まで、大丈夫かな〜?

と心配していた子もこの時期になると真剣モードになる。


こういう意味でも

本番って大事なんだよね。


誰かの前で弾くこともとっても大切なことだけど、

そのためには、いつも以上に練習が必要となってくるわけで、

趣味でやってる子なんかは特に

発表会だとかそういう機会がなければ、あまり練習をしない。

趣味じゃなくても、私のように練習しない人はいるんだけど・・・(ーー;)


それに、

昔に比べると、子どもの練習に対して

保護者の方もとりわけ注意してる様子もないので、

どうしても練習への意識が低い。


私の子どもの頃を考えると

もう練習しなければ、親の鉄拳が飛んでくる!

ってこれは言いすぎだけど、

それくらい厳しかった。


『練習嫌いだけど、親がうるさいからさ〜』

なんて友達がぼやいているのを聞くのも珍しくないくらいw



でも、今は違う。

だから、

子どもに練習する意欲をかき立たせる意味も込めて

本番はとても大事である。




本番まで後一ヶ月、

どれだけ頑張ってくれるかが楽しみである。
posted by ひかり at 17:52| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

その気になりさえすれば・・・

ある子にちょっとした課題を出した。

その前に、懇々とその子の置かれている状況を話した上で・・・。


課題は

今度の期末テストの範囲である英語のプリント5枚を

全く同じ問題のテストを次の日に実施するから

確実に覚えてくるという内容。


量的には少なくはないが多くもない。

覚えてるべき内容も、全部が新しいものでもなく

自分が覚えていないものをおぼえてくればいいといった感じだった。


ただ、それでも、

これまでの彼女は、それでも出来ていなかった。

だから、

確実に・・・と言ったものの

正直どこまで出来るのかは全く予想がつかなかった。


彼女の中の『確実』が一体どれほどなのか・・・


話をして、どこまでの危機感を持ってくれたかが

彼女の『確実に覚えてくる』という意識を左右する。

そう思った。



結果・・・



5枚のテストのうち

満点は1枚だったけれど、

残りの4枚のうち、1枚は90点台、2枚は80点台だった。


これは、今までの彼女にはなかった快挙である。


もちろん、

同じ課題を出して、5枚全て満点採る子は沢山いるだろう。

しかし、

大切なのは、

この子がコレだけの点数を採ったという事実である。



この一歩を大事にすべきで、

この一歩を後退させないように

私は背中を押してあげなければいけない。



そのために、

ときには厳しく、ときには優しく

心を持って彼らに接すること。



『初めから出来ないことは当然だという気持ちを持って生徒に接しながら、

出来ないことはないと生徒にわからせること。』


である。





posted by ひかり at 21:46| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

音色

タッチが強くなると共に変わるのが

音色。


これは、

指が強くなることで

音のコントロールが出来るようになり

音の種類が増えていくからである。


Eはほんと体も細くって

指も細い。

だから、キレイな音は出るけど、

イマイチ音量となるとちょっと頼りなくて、

もったいない子。だった。


それが、最近

「ここはこんな音」

と指示をすると、その理想音に近い音が出るようになってきた。


中学生になり、体も多少成長したこともあるけど、

ピアノという楽器にもだいぶ慣れてきたことにより、

タッチが良くなってきた証拠だと思う。


今度の発表会、

このままいけば、きっとキレイな音色を奏でてくれるはず(^^)



今日はそう思ったレッスンだった。


やっぱ、

キレイな音は聴いてても心地いい♪♪
posted by ひかり at 20:15| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

ヾ(`Д´)ノ

宿題はやってこない!

提出物は出さない!

再テストの勉強もしない!(やるのは強制的に自習させたときだけ)


何度怒っても、

なだめても、

話をしても、

その場だけ「頑張る!!!」

と言うだけで、一向に行動には表れず・・・


一体どうしたら・・・


常々一緒に勉強できればいいのだけど、

それも今は難しい状況だし。



はー。



この子をどうしたらいいのだろう。

今のままだと確実に・・・。





お願いだから

言われたことだけは



やってきてくれ〜〜〜〜〜!!!!!!!!!ヾ(´Д`)ノ
posted by ひかり at 17:56| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

困った・・・

Mのピアノが間に合わない!!!

発表会まで後一ヶ月なのに・・・ヾ(`д´)ノ

本人に危機感は全くないし。。


「ちょっと間に合わないからレッスン増やすかもー」

という私の言葉に

「あーでも・・・時間ないし・・・休みの日はいやだし・・・」

って、



私だってやだよ(`□´)ノ





あなたが練習してこないからじゃないか!!!!!!





頑張ってるからこそ、

いっぱいレッスンしてあげたいし、

よくしてあげたいって思うのが本心。

だから、

間に合わないっていう子のレッスンっていうのは

正直、甘やかしの何者でもないけど、

発表会を楽しみにしてるご両親を思うと、

やっぱり当日恥をかいてほしくないという思いで

レッスンを増やすと言ってるのに、

練習はいやだ!?

レッスンに来るのもいやだ!?

じゃーどうすんだ??




発表会、本気で間に合わないぞーーーーー

それでいいのか??

大勢の前で恥かいて後悔するのは自分だよ!?



わがままもいい加減にせいっ!!!!!



最近、最も切実な悩みである。。
posted by ひかり at 23:15| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

健康第一!

昨日は風邪引いて、かなり辛かったです・・・。

どうも昔から熱に弱いです。

平熱が低いせいでしょうか・・・。


一日寝ておりました(ーー;)


こういうとき、

風邪が移るものでなければ・・・とよく思います。

ちょっとくらい大丈夫!だと私が思っても

万が一、生徒に移るかもと思うと

授業を休まざるを得ないからです。。


今日からまた取り戻すぞ〜!!!!!
posted by ひかり at 21:23| 埼玉 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

変わるものだな。

今コンクール前で

レッスン回数、レッスン時間を増やしてる生徒がいるけれど、

やっぱりコマメに見てると変わるものだな〜と

つくづく実感する。


やっぱり

レッスン回数が増えると良くなる比率が高い!


レッスンって大事だな。


posted by ひかり at 15:30| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

ちょっと試しに

定着を図るため、

自習をさせてみる。


すると・・・


何度も再テストになる子に限って

手を動かしていない。


ただ間違えた答案用紙を眺め

書いても一回だけ(ーー;)



あのーー

それで覚えられると思ってんの??



眺めてるだけで覚えられるなら

とっくにテストは合格だよ。

例え眺めて覚えられたとしても、

そのときだけだから。


定着っていうのはね、

体で覚えるもんなんだから。


頭使って書くんじゃなくて

反射的に書けるようになるくらいがいい。



とにかく

頭と手をフルに使って勉強に挑むこと!!!



勉強するって

そういうことだよ。
posted by ひかり at 18:43| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定着

英語や理科、社会でやるべきことは至ってシンプル。


問題を解く
  ↓
答え合わせをする
  ↓
間違えたところを覚える
  ↓
また問題を解く
  ↓
答え合わせをする



数学だって、


問題を解く
  ↓
答え合わせをする
  ↓
間違えたところの解法を調べたり、先生に聞いたりして
まずは手順を覚える
  ↓
また類似問題を解く
  ↓
答え合わせをする


理解は問題を解くごとに深まったりするから、

まずはこれの繰り返し。

解法の手順さえ覚えなくて

同じ問題を解いたって

そりゃー解けるわけない。



この作業を

全ての答えに○がつくまでやる。


覚えられない?

出来ない?


それはいい訳。

覚えるまで書いたり読んだりする。

覚えられないことはない。


だって、

覚えられてるものは沢山あるんだから。

覚えられないのは、途中で諦めてるだけ。


やることは至ってシンプル。

難しいことなんて何もない。

posted by ひかり at 18:05| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

影響

『のだめカンタービレ』というドラマが始まったが、

その影響で子どもたちの中には、

とってもよく練習してくる子も出てきた。


こういう影響はとても有りがたい。


元々『のだめカンタービレ』は漫画で

私も大好きで集めていたのだけど、

内容的に、生徒にも読ませたいものだったので

ちょうどよかった。



反面、

これはピアノとは関係ないが、

『14歳の母』というドラマは

色々と問題とされているらしい。。



まー

賛否両論あるが、私的にはいい意味で考えさせられるドラマである。
posted by ひかり at 21:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

やったー!!!!

つい二ヶ月くらい前から

うちに来ているAちゃん。

知り合いの娘さん。


当初うちに来た理由は

『英語の成績が上がらない』ってことだった。


なので、

私の授業はもっぱら英語の基礎中心に!


英語の苦手な子の共通点ともいうべきか、

述語を見て、動詞を判断できない子が多いってこと。


日本語の主語見て、述語見たら、

英文の主語、動詞までは書ける…

ってとこまでいかないんだよね。。(本当に英語が苦手な子の話ね)


これって、結局

英語の基礎中の基礎が全く分かってないんだよね。


中学レベルの英訳するときに、

たいてい述語を見たら、

現在形なのか過去形なのか未来形なのか、

はたまた、助動詞はいるのか

それ以外の変形の形(受動態・完了形・進行形など)なのか、

って判断出来るわけだけど、

どうしても、順番に文を目で追って考えちゃうから

英訳がとってもおかしなことになってしまう。


つまり英文の動詞=日本語の述語


っていう仕組みが頭に入ってない。
(もちろん違うものもいっぱいあるけど、それは例外として)


でも、

ちょっと英文の構成を教えてあげさえすれば

結構ほとんどの文が書けるようになるってもので…。


もちろん、前にも書いたけど、例外はいっぱいあるよ。

でも、基礎的な文さえ苦手な子っていうのは書けない訳だから、

まずは基礎的な文を書けるようにしてあげる!

これから私は始める。


そうしたら、だいたいの子は

今まで全く出来なかった訳や英作文がちょっと出来るようになるから、

英語が出来るようになったと思って、また頑張るんだよね。


Aちゃんもそう。


初めてうちに来たときの英語のテストは

はっきり言って0点だった。


だけど、

それがちょっとずつ出来るようになってきて

それまで偏差値が50を超えたことは一度もなかったんだけど、

今回越えて、総合偏差値も過去最高!!!

もうちょーーーー嬉しかった(>∀<)



中3で引き受けるのは結構悩んだけど、

最初に見た感触で『上がる』とは思ったものの、

まさかこんなに早く結果が出るとは思わなかったから

今かなり嬉しい♪♪



このまま突っ走って頑張るぞーーーー!!!!!!

posted by ひかり at 23:50| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

正しく読む

どんな問題でも

当たり前だが、

問題文は日本語で書かれている。

つまり、

問題を解くにあたり、問題文を読むということは当たり前のことで、

避けては通れない。


ここで、何が言いたいかというと、

問題を解く前に『問題が何を聞かれているかが理解できない』という

ケースが極めて多いということだ。

だから、

何が聞かれているかが分かれば

問題に答えることが出来るのだ。


つまり、

問題を読み、問われている内容を理解するには

国語力をつけなければならないことを否めないのだ。



よって、

私は小学生の子には、音読を重要視している。

最終的には黙読で書かれている内容を理解できるようにならなければ

いけないが・・・。



声に出し、きちんと間違えることなく読めるようになるには

まず練習しなければいけない。

何度も何度も練習し、音読することで

何を得られるかと言えば、

スラスラ読めるようになるまでには

内容が自然と頭に入っていることが多のだ。



今まさに、小学4年生のNが音読の練習も真っ最中だ!

うん。よく頑張ってる(#^.^#)
posted by ひかり at 18:41| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

音楽受験で大変だと思うのは、

勉強とピアノ練習との両立。


あまり世間では知られていないかもしれないが、

音楽受験の中でもピアノ科というのは

勉強も結構レベルが高い学校が多い。


高校受験に関して言うならば、

だいたい平均偏差値は60くらい。

そうすると、

ただ単にピアノだけ練習してればいいというワケにはいかなくなる。

だから、

たとえピアノが弾けても勉強の成績があまり良くない子は

必然的に受ける学校を下げざるを得なくなる、

或いは、諦めざるを得なくなるというわけだ。


ただ・・・

いつも思うことは

本人の能力が低いのではなく、

そういった両立へのプレッシャーに負け、

結局どっちつかずとなり、

命一杯頑張れていないケースが非常に多いということである。


Yに対してもそれがちょっとずつ見えてきたので、

敢えて、

「受験は諦めなさい。

 但し、コンクールと発表会は既に申し込んだのだから、

 責任として頑張りなさい!」

と告げた。


すると、

それまで一杯一杯だったYの演奏が良くなったのだ。

『受験』という二文字から開放されたことによって・・・。


1つ断っておくと、

本心から私はYに受験を諦めろ!と言ったわけではない。

もちろん、コンクールや発表会に弾かせる曲は受験曲。

ただ、

今の状態で、やれ受験だ!もっと練習しろ!

と言ったところで、逆効果だと判断した結果だ。


でもその判断は正しかったのか、

Yのピアノを良くなり、結果Yのやる気も以前より出てきた。

相乗効果で、勉強に対しての焦りも出てきた。

今では、受験というプレッシャーを自分でプラスに変え、

何も言わなくても、

「あ、受験したいんだな」

とこちらが思えるくらいにまでなった。



今、全国には何万と受験生たちが

苦しい思いをしながらも、必死に頑張っていると思う。

その苦しさや辛さは、私もその昔受験生だったので分かるつもりだ。

ときには、その逆境や苦しみに負けそうになることもあるだろうが、

そんなときに、ちょっとでも

自分が、生徒の心の支えになれればと思っている。


なんだかんだ言いながら、

自分が受験生だったあの頃、

学校の先生、塾の先生の一言一言が大きな支えであったし、

大きかった。


私もあの頃お世話になった先生のような存在でありたいと思う。






今抱えている不安も焦りも

あなた自身のもので、

最終的にはあなたが乗り越えなければいけないものだけど、

それでも

あなたの心が少しでも軽くなるなら・・・

私はずっとあなたの傍にいるからね。
posted by ひかり at 19:53| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ブログの更新が・・・

最近、ブログの更新を毎日出来ていません。。

そんな自分に反省中。


ただここ二日ばかりは、

メンテナンス中という表示が消えず

ブログを見ることさえ出来なかったわけですが・・・



最近、

結婚式が多かったため、

ピアノを弾く機会が多い上、とにかく福岡⇔東京を

往復しておりました。。


ピアノを弾く機会を頂くのはありがたいのですが、

やっぱり責任はあるわけで・・・

いい訳ですが、

ブログにまで気持ちを回せませんでした。


はい・・・

いい訳です・・・

すみません・・・



でも、先日の結婚式で

年内の結婚式は全て終わり、

ブログの更新も出来るかと思ってます。

ま、受験生がいますから

ときには空くこともあるかと思いますが、

どうぞこれからも宜しくお願いいたしますm(__)m

posted by ひかり at 18:58| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

看板

とりあえず、

今まで看板というものも出さずに

口コミやチラシで生徒募集をかけていた私ですが、

看板を出すことに決めましたぴかぴか(新しい)



今は配色やサイズを自分なりに検討中!



ワクワクしてきたわーい(嬉しい顔)
posted by ひかり at 20:36| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

すんなり♪

「私、数学嫌いだけど、英語が好き〜」

だとか

「私最近英語が嫌いになってきた〜」

とかって台詞の背後に潜んでいる本当の意味って

結局は

「私、数学はすんなり解けないけど、英語はすんなり解ける〜」

「私、最近英語がすんなり解けなくなってきた〜」

って意味なんだよね。


つまり、

問題を解く際に、

すんなり解けるか解けないかが

勉強を苦手とする子達には、得意不得意の決め手となるんだよね。


となると、

新しい単元を勉強する際に、

この『すんなり』が出来れば、

苦手意識を少しはなくしてあげられるってワケだから、

こっちとしては、

まずきちんとした理解よりも、

この『すんなり』のほうに重きを置くこととなる。


だって、

『すんなり』いかなかったその先にあるのは、

失望と落胆。

おまけに自信喪失とやる気減退。


だったら、

まずはやる気を起こさせてから、

理解と定着を図ったほうがいいに決まってる!!!



今日、Mの授業にて

改めて感じた『すんなり』の重要性である。
posted by ひかり at 21:40| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。