2007年03月30日

これ以上ないってくらい頑張ること

何かをちょっと頑張りだすと、

色んなことを考え始める。


今頑張ってることって本当に意味あるのかな?

無駄になったらどうしよう。

結果が出ないかもしれない。


などなど。


そうなると次に浮かんでくる考えは


もし意味ないんだったら、これくらいでいいや。

無駄かもしれないし、やめよう。

結果出なかったらかっこ悪いし、やだ。


と、逃げ腰体制になってくる。



でも、もしもこれ以上頑張れないくらい頑張ったら

人間どうなるか。

人それぞれかもしれないけど、

私のときは単に達成感しかなかった。


結果なんてあんまり気にならなかった。

それより達成感のほうが先にあった。

これでダメならそれでいいや、って純粋に思えた。




私の場合はね。

人によっては違うかもしれない。

でも、やってみた人にしかわからないことだよね。

やってみた人だけが知りえる感情だと思う。



で、結果なんだけど、

不思議なもので、意外とこう思えたときって

自然と結果もついてきてくれてる。

でも、そういうものなのかもしれないって思う。



これ以上無理だってくらい頑張るってことは

そのときの自分の最大の力を出し切るってことだから、

そんなに悪い結果も出ないんだよね。


自分がどれくらいの力を持ってるのか、

そのとき初めて分かるから、

一度くらい、(本当は2度3度w)

頑張ってみる価値はあると思う。



posted by ひかり at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

桜が咲くと一気に春が来たような気になる。

今うちの前の幼稚園の桜がどんどん開花し、

今日は多分、幼稚園に通う子どもたちとその親御さんたちであろう人たちが

その幼稚園の桜の下で、お花見をしていた。

ほんと、のどかな午後の一時。


そんな春の訪れを感じながら、

新人くんたちもちょっとずつ慣れてきてくれたようだ。


笑顔が増えた。

質問にはっきり答えられるようになった。

勉強に対する意識が確実にアップしてきている。


などなど、こちらとしては

嬉しい一瞬一瞬が日々増えている。


今日は確認テスト後のとある一瞬。


古株の子と違って

テスト後にテキストやノートを開いて

答案用紙に書いた答えが正しいかどうかなんて確認すらしなかった新人くんたちが

今日は確認して、しかも間違ってる問題に対しては

かなり悔しがっていた。


これは、とっても嬉しい光景だった。

テストの点よりも、今は意識改革の時期なので、

そうやって意識がちょっとずつ変わってきたことが分かった瞬間が

物凄く嬉しい。


春期が終わる日までに

出来る限り、この子達の力を引き出してあげようと思う。



posted by ひかり at 19:51| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

ちょっと

新人Tくんに手をやいています。

いや、問題な子ではないのだけど・・・

至って真面目なんだけど・・・


でも、どこか身が入ってないというか何というか・・・

だからってちょっと口調を厳しくすると、

まだ予想外の反応。。


年頃の男の子は難しいね(-"-)



成績を上げてあげたい!!!

今ある気持ちはそれだけ。

力がないわけじゃない。

勉強を知らないだけ。



頑張ろう。一緒に。
posted by ひかり at 21:23| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

春期講習

が始まりました。


学年も変わり、仲間も加わり、

心機一転頑張ります(^o^)ノ
posted by ひかり at 19:58| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

国語

英語の勉強を教えるのに、

国語(日本語)を理解していない子に

英語のノウハウを教えたところで、

それは全くをもって意味のないことを痛感。


例えば、中学の英語でも、

理解をするとなると、日本語の文法的要素も頭に入ってないと

結構厳しいと思う。


新人T君に最初に教えたのは、

日本語の主語、述語。

まずはそこからだった。


何気なく使う日本語だからこそ、

そこに文法的理解が問われないからこそ、

なあなあなままでここまで来てしまったとは思うが、

主語、述語が分かってなくて、

英語の代名詞の格変化を覚えさせたところで、

英文法を教えたところで、

日本文と英文を照らし合わせられるないのだから

英文が書けるわけない!!!

並び替えも同様だ。


ちょっと時間を要するかもしれないが、

大まかな日本語の文構成が理解できただけでも、

英語に対する抵抗を今より軽減できると思っている。


がんばろう。
posted by ひかり at 20:14| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

新人ちゃん

春期から一緒に勉強することになったAちゃん。

顔あわせでこの前の木曜日に来てもらい、

ちょっとだけ一緒にお勉強してみた。


本人的にショックを受けて帰った様子。。

理由は以前から通っている友達より

自分のほうが全然悪かったから。



でもね、それは仕方ないの。

前から頑張ってた子に勝てるわけないのよ。

勉強って日々の積み重ねだからね。


これから、これから。
posted by ひかり at 23:33| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

決意

以前、もう一度よく話をしてもらうようにお願いした

生徒が決意して、戻ってきてくれた。


「さあ、弾いて」という言葉にちょっとは同様するものの、

ちゃんと弾けるようになった。

練習もよほど頑張ったのだろう。

よくなった箇所が沢山あった。



こちらの気持ちが通じた喜びと、

その子自身の気持ちが強く固まったこと、

嬉しさが溢れるレッスンだった。



まだまだこれから。

また挫けるときがあるかもしれないが、

一緒に乗り越えられればと思う。
posted by ひかり at 20:35| 埼玉 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

うわっ!

ね、熱が・・・

やばい。。

上がってきてる・・・。



なんか、ぼ〜としてきたな(◎o◎)
posted by ひかり at 16:29| 埼玉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

抜き打ち

今日は抜き打ちで、英語の「現在完了」のテストを行った。

最近、意識が著しく向上し、

受験生としての自覚が出てきたように思えた新3年生。



やっぱり、それは勘違いではなかったようだぴかぴか(新しい)



テストは現在完了だが、長文の問題で

まだ教えていない分詞や関係代名詞の文も混ざっていた。


長文の問題を解くときに、よく口にしているのは、

「例え、きちんと訳せない文があっても、前後である程度の意味を解釈しなさい!」


その言葉通り、

例え、見たことのない文法の文が訳せなくても

一応は長文を読みきり、

きちんと現在完了の問題や、指示語の内容は解いていた。

現在完了の問題で失点することはほとんどなし。



素晴らしい!!ヽ(´▽`)ノ



これは、子どもたちの意識が

数ヶ月前に比べて確実にアップしてることの表れだと思う。

その証拠に、テストは3年生の問題だったにも関わらず、

平均点は8割いった。



意識ってやっぱり大事だし、

頑張ったら、頑張った分だけテストに反映することも実感。

こうやって、ちょっとずつでも

自信を持ってくれるようになれればいいと思っている。




新3年生。

頑張れ〜!!!




posted by ひかり at 20:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

何が大事なのか・・・

受験をするにあたって、

日々の練習も、もちろん必要不可欠で大事だが、

でも、一番大事なのは、やっぱり気持ちだと思う。


「その高校へ行きたい!!!」

って思う気持ち。


どの高校に行くかを決めるのに、

色んな理由があると思うが、

でも、行きたいと思う気持ちは同じ。

その気持ちが大きければ大きい程、

やっぱり練習にだって、勉強にだって

身が入ると思う。


だけど。。

その気持ちが中途半端だったり、

ましてや、まだ気持ちに迷いがあったりすると、

練習も、そこに込める心も中途半端になって、

結局、時間をかけた割りに・・・という結果になってしまったりする。


気持ちのアップダウンは誰でもあると思う。

気持ちが乗るときと乗らないとき。

だけど、今ここで言いたいのは、それ以前の問題。


「その高校へ行きたい」という気持ち自体で迷いがあるということ。


ピアノの受験は強制ではない。

一般的には、普通科に行く子のほうが多いわけだし、

私が今一番頭を悩ませてる生徒の親御さんは、

子供が「普通科へ行きたい」といえば、「いいよ」と言ってくれる親だ。


でも、そんな中で音高へ行きたいと決めたのは、

当の本人である。


なのに、ここに来てすごく認識が甘い。。


あれだけ話し合ったのに・・・


私の仕事は高校に合格させることで、ここまで口出す必要はない

と思う人も居るかもしれないが、でも、やっぱり心配なのだ。

自分も通ってきた道だからこそ、なおさらである。


ピアノの道は、そこまで甘くない。

というか、ピアノに限らず、何かを志すって絶対に甘くないと思う。


なのに、今みたいな甘い考えで、その中に身を投じれば、

必ずや、絶対に苦しむ日が来るのが目に見えている。


受験云々の前に、精神的に潰されてしまうと思うのである。


今日、その生徒には、

今のまま逃げてばかりいても何も始まらないし、

そうやって「いやだから」とか「仕方ない」という

甘えを貫いてやっていけるほど、ピアノの世界は甘くない、

ということ、

あなたに今必要なのは、練習以前に「その高校へ行きたい」

という強い気持ち、或いは、「もっとピアノがうまくなりたい」

という気持ちだということ、

技術的にどうこうっていう問題ではなくて、

ピアノは精神状態や、心が素直に現れてしまうため、

そんな中途半端な気持ちでは他の受験生に受験する前から

負けてしまうということ、


など、一つ一つ言葉を選んで話したつもりだ。



そして、最後にもう一度聞いてみた。


「受験する?それともやめる?」と・・・。


私的には、「はい、頑張ります!」

くらいの言葉を期待していた。

そういう言葉が欲しかった。



・・・しかし、その子から返ってきたのは、

言葉もなく、

ただ、頭を左右に振る、

つまり、「やめる」という意思表示だった。


その瞬間に私自身の頭も真っ白になったが、

即、お母様にお電話をし、

その子の意思と、もう一度よくご家庭で話し合ってもらうよう

お願いした。



実際、私はその子にピアノをやめて欲しいなんて、

これっぽっちも思っていない。

そうではなくて、

ちゃんと「受験する」と決めたのなら、

それなりのやる気と覚悟を示してほしかった。



コンクールに欠場すること、

レッスンでピアノを弾かないこと、

そういうことが当たり前と思うのではなく、

ピアノを専門にすると決めたなら、

どこに行っても、ピアノを弾くことが当たり前だと認識して欲しかっただけだ。


これから音高を受験するにあたって、

レッスンで「じゃあ弾いてみて」と言われると弾けない、

コンクールで、仕上がってないわけでもないのに、

出場直前になって「やだ」という理由で欠場することを

甘えだと認識もせず、押し通してしまう、

そんな、ただの甘えを「仕方がない」で済ませてほしくなかった。


何が大事か。

練習する前に、勉強する前に、

まずは、「確固たる気持ち」を持ってもらうこと、

それが目的だった。


先週

「もう弱音も吐きません、やだとも言いません」

というメールももらっていただけに、

コンクールを欠場したときも、

「もう二度とこんなことはしません。だから、これからも宜しくお願いします」

と約束をしていただけに、

憤りさえ感じたくらい、本当に本当にショックだった。




これから、どういう結論を持ってこられるかは分からないが、

でも、私の気持ちとしては、


一度は自分で決めたこと、

最後まで頑張ってもらいたいと強く思っている。
posted by ひかり at 05:48| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

より細かく

ある程度、一曲弾けるようになったら、

そこから曲の分析(アナリーゼ)が大事だ。


本当は、譜読みの段階でそれが出来るに越したことはないが、

子どもは頭がパニックになってしまうので、

私は譜読みの段階では、大まかな解釈しか生徒に伝えない。

そして、ある程度弾けるようになったところで、

細かく詰めていく。


ベートーヴェンのソナタを始めて、おおよそ2ヶ月のA。

今日が一番よかったと思う。


意識が薄れるところや、大雑把になってしまうところは

まだまだあるが、それでも随分意識レベルが高くなった気がする。


そういう意味で、ピアノが少しうまくなったのかな♪



自分も弾き手だから分かるが、

そうなってくると練習も楽しくなってくる。

方向性が明白になってきた分、練習内容も明確になるため、

色んなことが見えてくるからだ。


自分の中に課題が見え出すと、

そこから、、また成長の勢いが加速する。


もうすぐ発表会、

希望の光の見えた瞬間だったぴかぴか(新しい)



私もが〜んばろっと(#^.^#)
posted by ひかり at 18:47| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

1つのテストが終わったら・・・

中間テストや期末テストなど、

定期的にあるテストが終わった瞬間に

なんだか、人生における全てのテストが終わったような

開放感に満ちる生徒が居る。


これが怖い。

恐ろしく怖い。



目指すべき目標は何か?

周りの友達は何を目標に頑張っているのか?

もう一度よ〜く考えて欲しいと思う。


1つのテストが終わって少し気が抜ける気持ちも

分からないわけでもない。

しかし、

その後、またすぐに別のテストがあるにも関わらず、

その存在すら忘れてしまうってどうなの??


勉強って日々の積み重ね。

だから、成績上げるのだって簡単なことじゃない。

でも、それは、自分だって重々分かってるはずだ。



塾に来てるから成績が上がると思ってない?

それは、違うよ!って先に言っておきます。



塾側だけが頑張っても限度があります。

本人の意思と、ご家庭の協力がなければ無理なんですよ。

特に、後者。



テレビゲームを買い与える、

習い事をサボらせる、

これは、御家庭の責任ですよね?




ちょっと話が逸れたが、



テスト前に勉強するのは当たり前。

しかし、テスト前以外勉強するのも当たり前なのだ。

受験するならね。

なにかを望むならばね。


テスト前だから、塾に来る。

それじゃ意味ないの。

仮にそのテストは点が採れても、

自分の中には、ほとんど何も定着してないんだから。


テストが終わった後の過ごし方、

子どもも、そして各御家庭も、

考えて欲しいと思う。



本当に、

望んでる高校に合格したいですか?
posted by ひかり at 21:29| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

合格発表

やったexclamation×2

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)合格ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


おめでとうわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by ひかり at 10:26| 埼玉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

本番が近くなるに連れて・・・

発表会まで後一ヶ月ちょっととなった。

子どもたちも心配だが、今回は特に自分が心配。。


今回のプログラム、

なぜか、私が一番最後・・・(・・?


はい?

なにかの間違いじゃ・・・



いつもは午前の部が大人、

午後の部が高校生・大学生で、もちろん最後を飾るのは

現役大学生。

しかし、なぜか今年は大人が後半の最後に来ている。

しかも、その中で最後って・・・(´・ω・`)



ありがたいが、かなりのプレッシャー。。。


先生との会話。


先生「今回は、あんた、成功しても大きいけど、失敗しても大きいわよ!!(^o^)」

私「ほ、ほんとだよ!!!死活問題だよ!!ヾ(´Д`)ノ」

先生「プレッシャー与えなきゃあんたはダメだからね〜(^o^)」

私「(u u*)ハイ・・・。」




が、頑張ります・・・(ToT)/~~~
posted by ひかり at 18:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

徹底的に

今のこの時期、

ちょっと進度を遅くして、

授業中、徹底的に問題と向き合わせるようにしているMちゃん。


やっぱり、違うexclamation×2


以前なら、そこまで行くのきっと随分な時間を要しただろうと

思う問題で、すらっと思いつきが出てくるようになった。



数学ってある意味、『ひらめき』がないと解けない問題も多く、

その『ひらめき』はちょっとやちょっとで出来るように

なるものではない。

数学が得意!だという子の大半は

だいたいが、この『ひらめき』を元から持ってる子が多いのは

事実だ。


この『ひらめき』

何かというと、要は勘がいいかどうかである。


問題を解くには、ある程度の筋道がある程度頭の中に出来ること

が好ましい。

その頭の中の筋道を、ぱっと立てられるのが『ひらめき』

である。


話はそれたが、

その『ひらめき』がちょっとずつ出来るようになってきたようだ。




益々、これからが楽しみ黒ハート

posted by ひかり at 21:48| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい仲間♪

昨日、1年生に新しい仲間が加わった。

これから一緒に「勉強するということがどういうことなのか」

を学んでいこうと思う。



それにしても、はにかんだ笑顔がかわいい男の子。

これからの成長も楽しみな感じの子。



頑張るぞぃ!!!
posted by ひかり at 18:48| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

日々の積み重ね

が、結果に表れたとき、

それは、本当に本当に嬉しい。


今日もMがすごく嬉しい結果を持って

塾に来てくれた。



目標点数に到達した上、

今学年になってからの最高点だった。

学期末に素晴らしい結果を出してくれた。



本人はもちろんのこと、

私もすごーくすごーく嬉しい。



多分、なぜこんな結果になったかと言うと、

なんか特別なことをしたわけではなく、

理解するまで問題と向き合う。

ということを徹底的にしてもらったからだと思う。


他には何も特別なことはさせてない。


途中でギブアップしないように、

同じ部屋には居たものの、後は質問されたときくらいにしか

答えない。

とにかく自力で問題の答えに到達してもらう。

もちろん、ちゃんとした理屈を持って。


これを授業の後、時間の許す限りしてもらった。



やっぱり、自分で答えを突き詰めていくって

本当に大事なんだな、と痛感した。


来年は、受験生のM。

頑張ってもらいたい!!!



あ〜それにしても、

ほんと、嬉しい(´∀`)かわいいかわいいかわいい
posted by ひかり at 20:50| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。