2007年08月25日

答え合わせ

成績が上がる子、上がらない子の違いに、

理由は沢山あるが、

そのうちの一つに、

答え合わせの認識もあるように思う。



問題を解き、

その答えを先生が説明する。

生徒達は、各自その説明なり答えを問題に書き込む。


ここまで、出来る。

習慣さえ出来れば、出来る。


しかし、ここで上げる問題点とは

その次。


つまり、

答えを確認し、間違えた場合、

そのとき合ってる間違ってるというのは、

あまり成績に関係ない。

大事なのは、その後なのである。



問題を解き、間違えた。

そして答え合わせをする。

先生の説明を聞き、板書を写し、

傍から見れば、至って真面目な生徒。


だが、


これで、終わってしまう子がいる。

そんな子が何度も同じ問題で間違える。


そして・・・

確実に、この子は成績の上がらない世界へと導かれることとなる。



大事なのは、

板書を写すことでも、そのときの先生の説明を

ただ見つめて聞くことではない。


書いた内容をもう一度各自で読み返し、

一語一語考えながら、

何を言っているのか、何をいわんとしているのかを、

自分が理解できているか確認することである。


まずは、これだ。

これが出来ないことには、前に進めない。

理解できていないものは、理解できないままで終わってしまう。

最悪、入試まで持ち越すこととなる。


この作業が出来て、初めて

理解できない部分に遭遇することが出来るわけで、

遭遇できて、やっと第2の別れ道となるわけだ。

もちろん、遭遇してもそのまま放置なら、

見直さない子と同じである。

理解できないものに遭遇したら、絶対に立ち止まるべきだ。

そこで立ち止まらなければ、また同じ間違えをする。

絶対に。


これもまた、

立ち止まる人間は、点数がどんどん上がっていく。

しかし、立ち止まらず進んでいくものは、

本人は、自分の学習も進んでいるように思うかもしれないが、

実際は、停滞したままだ。




この答え合わせの仕方をもう一度見直すだけでも、

これからの成績に大きな影響を与えてくれるはずである。



posted by ひかり at 19:25| 埼玉 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

繰り返し

忘れては、覚えて

忘れては、覚えて

そして、また忘れてたら、覚える。



結局は、これだけ。



忘れてしまうのは、仕方がない。

人間だもの。。


だけど、

一度覚えて、忘れてしまった場合、

覚え直さない子の多いこと、多いこと・・・。

「やっぱり、私は覚えるのが苦手なんだ」

となぜかマイナス思考になってしまう・・・。



一度覚えたからって、

一生覚えてられるもんじゃない。


忘れたら、覚えなおす。

また忘れたら、また覚えなおす。



こうやって、

繰り返し、繰り返しやることで、

忘れにくくなっていく。


それが、人間。



とっても、シンプルなこと。



あとは・・・


それを


やれるか、やれないか


だ。
posted by ひかり at 16:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

最後の最後は

練習して、練習して、

時間の許す限り練習して、

もうこれ以上無理ってくらい練習して、

で、最後の最後で大事なのは、

精神的強さ。


これが勝負の分かれ道である。



どんなに練習しても、

どんなに完璧に仕上げても、

それが本番に出てくれなければ意味がない。

その本番に、

どれだけ自分の実力を出しきれるか・・・

それは精神的強さにかかってると思う。



本番を迎えるにあたって、

練習と同じくらい、いや、それ以上に重要で、

とても難しいのは、

精神を鍛えること。


これを、分かってないと、

本番当日痛い目にあったりするのである。


本番は当日は、

緊張しすぎてもダメ。

全く緊張しないのもダメ。

ほどよい緊張感がいい。


この感じが分かる人。



あなたは、よく分かってる!!
posted by ひかり at 15:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

本当に?

何が問題に出るって分かってて、

そのテストまでに凄く時間もあって、

それでも、

本当に出来なかったの?

覚えたけど、覚えられなかったの?


それは、嘘だよね?

努力が足りなかっただけだよね?



一度に覚えるには、やっぱりそれなりに限度があるかもしれない。

量が多ければ、それだけ時間もかかるだろうし、

勉強って言ったって、それだけやればいい訳じゃないし。


だけど、

一度に覚えなさい!と言った覚えはないし、

テストまでには、3週間という時間を与えたつもり。


それで、

「え〜出来ない」

「覚えたんだけど・・・」

って・・・

そのいい訳、通用しないでしょ。。


『覚えたんだけど〜・・・』

はい、覚えたんだけど何ですか?

え?できない?

はい、それは覚えたとは言いません。


テストがあるその日までちゃんと覚えてられなければ

それは覚えた中にカウントしないで下さい。

そもそも、今覚えてる内容は受験のためです。

せめて受験が終わるまでは、覚えておいてください。




明後日のテスト、

今日のこの子、ちゃんとテスト合格できるかな。。

今日のことを反省できてれば、大丈夫だね♪
posted by ひかり at 21:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次から、次からって・・・

何かの節目に遭遇すると、必ずと言っていいほど

「私(俺)、次は頑張るから」

と言う子がいるが、

私から言わせてもらうと、

「次っていつ?」

「この間も同じこと言ってなかったっけ?」

「つか、もう3年生なんだけどー」

って感じだ。


次から、次から、と連呼する子に

次はない。

9割方ない。


『次』が来たかと思ったら、

『その瞬間』で終わってしまい、結局また『次から』。。




勉強とは日々の積み重ね。

知識は、ずっと頭の中に残ってくれない。

コツコツ、丁寧に、

自分の中に毎日どれだけ残っているかを確認しながら、

新しい知識新しいものを取り入れていく、

勉強とは、そういうデリケートな作業の継続なのだ。



この暑さで、頭の中の知識も一緒に溶けてしまっているかもしれない。

今日、「これだけ覚えたぞ〜」と思って寝たとしても、

明日の朝には、忘れてしまっているかもしれない。

極端な話、

昨日の夜勉強した内容は、次の日の朝確認するくらいの

慎重さが必要だと思う。





前日の勉強量や集中力によって、

頭に中に残る知識は変わることだろう。

だからこそ、確認が必要なのだ。

確認なしに、日々の勉強はあり得ない。

勉強したはずの内容が頭の中に残っていない状態で、

テストで点が採れると思うだろうか?

答えは、誰しもがNOだと思う。



勉強した内容を確実に頭に残していくことができて

初めてテストで点が採れる。

勉強したはずなのに、点が採れないのは、

おそらくこのデリケートな作業を怠っていたのではないかと思う。


勉強した内容が、どれだけ自分の中に残っているのか、

それを把握した上で、新しい知識を増やしていくという作業を

きちんとできていれば、

おそらく…

今までとは、違った結果が出てくるのではないかと思う。
posted by ひかり at 00:17| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

今日から

本日より後期がスタートです。

休み明け、でも、授業が始まると

一週間お休みだったのが嘘のようです♪


あ〜良かった!!


ちょっとだけ不安でした。

受験生のモチベーションが下がってはいないかと・・・。

しかし、

ちゃんと受験生としても自覚を持ってくれているよう(^^)

しっかり、元気にやってきて

黙々と勉強に集中している様子がなんとも愛らしい。。


またこれから後半頑張ってもらわないとね♪



今日のおやつは、ミスドのドーナツ!!



水分、塩分はこの夏必要不可欠。

以上な暑さですからね!!

暑さに負けず、夏バテ、熱中症にならないよう、

体調管理も万全に、

残りの夏休み、共に頑張ろうと思います(^o^)丿
posted by ひかり at 14:39| 埼玉 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

結局は信頼関係

どんなに一生懸命説明しても、

どんなに一生懸命生徒を思っても、

やはり、そこに信頼関係がなければ全く意味がない。



教える側は、常に子供達のことを考えている。


どうやったらピアノがうまくなるか、

どうやったら理解してもらえるか、

どうやったらもっとわかりやすいか、

どうやったらもっと頑張れるか、

沢山沢山考えている。


でも、

それらは、先生を信頼してくれている生徒相手でなければ、

本当に意味がないものだと思う。

皆無と言っても過言ではないほどだ。



つまり、

教える側の真剣さと子ども側の素直さが揃わなければ

何も始まらないのだ。



こちらの言うことに真剣に耳を傾け、

こちらの指示に忠実に従えるほど

先生に対して忠誠心を持てる子は

勉強にしろ、ピアノにしろ、

よく伸びる。


どんなにいい先生についていても

その先生を信頼できなければ、

きっとその時間はあまり意味をなさないだろう。



信頼関係は、

師弟関係において、絶対に必要不可欠である。


posted by ひかり at 18:45| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ピアノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

簡単なことほど難しい。でも・・・

簡単に「毎日勉強しろ」とは言っても、

簡単に言うほど、実際の行動に移すのは

とてつもなく大変なことだ。


しかし、

それが習慣となったらどうだろう?



歯を磨くこと、

お風呂に入ること、

ご飯を食べること、

など、


これらは、いつの頃からか

毎日の当たり前の習慣だ。

そう無意識の間に・・・。

毎日、当たり前のこととして、

みんなが行っていることだと思う。



ということは、

全てが習慣になれば、

苦痛は少なくなる。



『当たり前』のことになるからだ。



実際、

成績のいい子たちというのは、

勉強が習慣化している。


彼らは、勉強することを苦痛に感じていない。

当たり前のこととして、

毎日の習慣として淡々と行っている。



つまり、

勉強を嫌いとする子、

勉強が苦痛でしかない子には

勉強を習慣化させること、

これが大きな課題となってくるわけだ。



人は慣れる生き物である。

人は行動を習慣化できる生き物である。


その能力を生かして、

勉強というものを、習慣化させることは可能ではないだろうか。


現在、きっと多くの子供達が

毎日塾で何時間という時間を過ごし、

勉強に励んでいることだろう。

その毎日連続的に勉強することの意義の中に

『習慣化』も存在するように思う。


実際、うちに来ている子供達にも

勉強の習慣が出来てきているのが見受けられる。


勉強することが当たり前。

そう思えるようになった子は絶対に強い。

苦痛が少ない分、挫折も少なくなる。


何かを一生懸命やることに

苦痛を感じることなくやることも難しいことだが、

苦痛を少なからず軽減することは可能だと思う。


私は、

休み明け、少しでも子ども達の苦痛感を減らせるためにも、

今、彼らに『勉強の習慣化』を身につけられればな、と思っている。


1人では無理でも、

みんなと一緒なら出来る子は、沢山居るはずだから・・・。

posted by ひかり at 19:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

理由付け

私たちが、日々過ごす中で行っている全てには

なにかしらの理由がある。


寝ることにも。

ご飯を食べることにも。

テレビを見ることにも。

友達としゃべることも。

何か悩んだり、考えたりすることも。



全て、色んな理由がある。




でも、理由があるからこそ、

私たちは行動する。

理由なしに行動できるかと言えば、

それは不可能なんじゃないかと思う。



そう考えると、

勉強しない子の原因は、ここにあるんじゃないかと思う。


勉強する理由が明白でないということに・・・。



私たちは、

子供達に、勉強する意味を持たせなければいけないと思う。

受験のため。

将来のため。

とか、言うのではなく、

もっとリアルに、もっと具体的に。


特に相手は子どもだ。

勉強したらこんな特典がある、といったようなものでも

いいんじゃないだろうか。



いつも、強く言っている

意識改革、気持ちの向上は、

明白な理由付けをすることによって変わってくるように思う。




というわけで、

今度の前期の最終日にある単語テストの合格者には

素敵なプレゼントを用意したプレゼント


頑張った分のご褒美だもの。

いいよねるんるん


posted by ひかり at 18:51| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

反復、反復

基礎の繰り返し。

同じ問題の繰り返し。


こういうことが、後々大きな成果を上げてくれる。


その兆しが最近見え隠れする。


どの子にも・・・。



ケアレスミスが多かったあの子もこの子も、

計算問題で行き詰ってたあの子も、

長文の問題の意味すら理解できなかったあの子も、

英単語のつづりが覚えられなかったあの子も、

理科の実験問題となると、全く出来なかったあの子も、

みんなが、みんな、

ちょっとずつ成果を出してくれている。



基礎を繰り返すことで、

同じ問題を解きまくることで、

少しずつ理解度が増し、自信が持てるようになってきた子どもたち。


暑い中、

汗だくだくで、毎日通って

何時間も集中して勉強する中で、

確実に個々の子供達の中に『実力』が備わってきている。



反復の大事さ、

これが次につながって、

最終的な入試にも、大きな結果をもたらしてくれる。



この夏

私の目標は

全員が全員、

みんなが、夏期の終わった後、

「なんか、前より出来るようになったな」

と思ってもらえること。



例え休みがなくなろうが、

疲労がマックスになろうが、

頑張るぞ!!!

posted by ひかり at 18:08| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

おっ(・o・)

夏期講習が始まって2週間目も半ばに達した今日この頃、

生徒たちも、随分この長時間のスケジュールに慣れてきたようだ♪


テストに対する意欲、

素晴らしい(´▽`人)



それくらい、貪欲なってくれると

プリント作ってる私にも、張り合いが出るってものよ黒ハート



今まで、数学に関しては

顔前面に『拒否』の二文字があった子が

この夏、大きな変化を遂げてくれそうな予感がする。



絶対、変えてやる!!!

posted by ひかり at 18:37| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。